まつ毛パーマで使用する液はどんなもの?

index_slide4

もう一重に悩まなくても大丈夫!
寝ている間にぱっちり二重になる方法


datsumohbanner

マスカラにホットビューラー、つけまつ毛やまつげエクステなど、まつ毛をキレイに整える方法は、たくさんあります。

その中の一つがまつ毛パーマです。

実はまつ毛に与えるダメージが少なく、手軽に美しい目元を手に入れることができます!

cc5b33055dae45f3bf5b466c95140cdd引用元:http://www.e-page.co.jp/


スポンサーリンク

まつ毛パーマってどんなもの?

ロットやビューラーで好みのまつ毛の形に合わせて、まつ毛パーマ用の液を使いカールをつけることをまつ毛パーマと言います。

時間が経っても取れにくいビューラーをする、というイメージです。

キレイな目元を保ちつつメイク時間も短縮できるので、メイクに時間をかけたくない、ナチュラルでキレイなまつ毛を手に入れたいという人におすすめです!

まつ毛パーマの施術方法には2種類あり、ロッドを巻く方法とビューラー式に挟む方法があります。

IMG_0185引用元:http://samidare.jp/

ビューラー式に挟む方法は、そこまでまつ毛に角度がつかないため、化粧が楽になる程度の仕上がりになればいいと考えている人におすすめです。

比較マツエク5引用元:http://trendpride.com/

ロッドを巻く方法は、カールの角度がつきやすいです。そのためまつ毛を上向きにしたい人に適しています。

ロッドを使う方法は、技術者のテクニックによって仕上がりが大きく変わってしまいます。

サロンでどちらの施術方法を使っているのか、確認することも大切になります。


スポンサーリンク

まつ毛パーマのメリット

まつ毛パーマのメリットはとにかくメイクが楽になること。

まつ毛パーマのメリットについてご紹介します!

 

長時間キレイなカールが保てる

6185引用元:http://img.yaplog.jp/

個人差があるものの、まつ毛パーマは1カ月以上カールが持続します。

人工の毛を自まつげにつけるマツエクは、2~3週間しか持ちません。

一度施術したら長い期間維持できるため、サロンに行く頻度が少なくてすみます!

 

化粧の時間が短縮できる

まつ毛をカールさせているので、当然ビューラーを使う時間が短縮できます。

中にはまつ毛を持ち上げることで二重になる人もいるので、二重をつくっていた人はその分の時間も短縮できます!

 

お手入れが簡単!

まつ毛パーマは自分のまつ毛をカールさせているだけなので、目元を触ったりメイクを落としたりするときも、いつも通りに行って問題ありません。

また、まつ毛パーマは水や湿気に強いのです!

ビューラーだと雨や汗でまつ毛がさがってしまいますが、そんな心配も必要ありません!

56146_original引用元:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/


スポンサーリンク

まつ毛パーマのデメリット

楽でいいこと尽くしのまつ毛パーマですが、もちろんデメリットもあります。

ここからは、まつ毛パーマのデメリットや注意点についてご紹介します。

 

自まつ毛が痛む

まつ毛エクステやつけまつ毛に比べるとダメージは少ないです!

しかし専用の薬剤を使っているため、この薬剤によって自まつ毛に大きなダメージを与えてしまうことがあります。

刺激の強い薬剤を使っているサロンを避けるために、サロンに行く前に口コミなどをチェックしておくことも大切です。

 

まつ毛自体の量と長さは変わらない

自まつ毛にカールをかけているだけなので、基本的に長さやまつ毛の量は自まつげと変わりません。

そのためまつ毛エクステやつけまつ毛のように、アイラインやマスカラなしでばっちりアイメイクができる、というわけではありません。

 

まつ毛にばらつきがでる

o0360027010994859739引用元:http://stat.ameba.jp/

3週間くらい経つと新しくまつ毛が生えてきて、伸びたまつ毛によってカールの向きがばらばらになってしまうこともあります。

まつ毛の向きには個人差があるので気にならない人もいますが、ばらつきを防ぐためにはカールの当て方をナチュラルな程度にとどめておくのがおすすめです。

 

目のトラブルの原因にも。

まつ毛パーマをすることで、目の炎症やかゆみの原因になります。

まつ毛パーマの薬剤は通常のパーマ剤よりさらに強い薬品を使っているため、目に入るととても危険です。

自分でまつ毛パーマができるキットなども売っていますが、なるべくサロンで施術してもらうようにしましょう。

1024-cc-library010006102引用元:http://img01t1.cc-library.net/

セルフまつ毛パーマで失敗しないコツ!

2016.07.12

まつ毛パーマに使用する液はどんなもの?

まつ毛パーマのデメリットとしてお話したように、まつ毛パーマ液には自まつ毛や目にダメージを与えてしまうことがあります。

 

まつげパーマ液の成分

img_1引用元:http://blogs.c.yimg.jp/

まつ毛パーマ液の有効成分は、頭髪用パーマネント・ウェーブ用剤とほぼ同じであることが多いようです。

そのためまつ毛パーマ液が目に入ったりまぶたについたりすると炎症を起こす危険があるのは、確かなようです。

 

もしものとき…

もしもまつ毛パーマによって、炎症やかゆみなどが出た場合は、お店側の責任としてとしてまつ毛パーマ代金の返還はもちろんのこと、医療機関の治療費、通院に要した交通費、休業補償や場合によっては慰謝料の支払い義務が生じます。

main引用元:http://www.eye-beauty.jp/

またそのような事態を引き起こしてしまうと、お店に対するお客様の信頼を裏切ることになります。

一度失った信頼は、簡単には取り戻せません。

悪い噂は広まりやすいもので、営業上の損失も計り知れません。

だからこそお店側も、まつ毛パーマを行うときは十分な配慮のもと、施術をおこなってくれます。

もちろんサロンによっても利用するまつ毛パーマ液が異なり、とても強い成分のものもあります。

まつげパーマを行うときは、まずサロンに関する口コミで技術力や薬剤に関する問題がないか確認してください!

最後に…

まつ毛パーマのメリットやデメリットとともに、まつ毛パーマ液の危険性についてご紹介しました。

現在のまつ毛パーマ液に、危険性があるのは確かです。

しかし自まつげに対するダメージは、マツエクや付けまつげに比べると少なくすみます。

しっかりとした施術で、強い薬剤を使用しなければカールのついたまつげを簡単に手に入れることができます!

まつ毛エクステをする際は、そのメリットとデメリット、危険性も含めて理解して行ってください!

そしてサロンの口コミをチェックしてから、サロンを選ぶようにしてください!

セルフまつ毛パーマでうまく上がらない原因とポイント!

2016.07.29

セルフまつ毛パーマのやり方とそのコツ!

2016.07.29

datsumohbanner

もう一重に悩まなくても大丈夫!
寝ている間にぱっちり二重になる方法


スポンサーリンク


スポンサーリンク