体脂肪を減らす!ウォーキングダイエットの運動時間

57ay7djyyfdnjj9gsq8iezdwc0fai5cl_0-png

datsumohbanner

健康的にダイエットをするためには、食事制限だけでなく運動を取り入れることが大切です。

その中でもダイエットに効果のあると言われているウォーキングは、特別な器具を使うこともないので誰でもお手軽にはじめることができます。

そこでダイエットに効果的なウォーキングの時間や距離などをご紹介していきます。


スポンサーリンク

ウォーキングによるダイエット効果

ウォーキングがなぜダイエットに効果的な運動とされているのかご存知ですか?

それはウォーキングは「有酸素運動」だからなのです。

104349

引用元:http://wp-salary-blog.pwco.jp/

運動には「無酸素運動」と「有酸素運動」の2種類があり、無酸素運動は短時間で激しい運動をするので瞬発力や筋肉を鍛えたい方に向いています。

一方有酸素運動は、比較的弱い力を筋肉に与え続けることで体脂肪を燃焼させてくれる効果があるのです。


スポンサーリンク

体脂肪を減らす有酸素運動

taishibou-herasu

引用元:http://diet-de-yasetai.jp/

カラダの中に取り込まれた脂肪は、筋肉によって燃焼されるため血液中に運ばれていきます。

そのため筋肉量が少ない体では脂肪を燃やすことができず、筋肉の燃焼に使われなかった脂肪は体脂肪として蓄えられてしまうのです。

ダイエットには有酸素運動がなぜ向いているのかというと、この蓄えられた体脂肪を燃やしてくれる効果があるからなのです。

エネルギー源としてカラダに蓄えられている体脂肪は、ウォーキングのような長い時間筋肉に弱い力をかけ続ける運動をする際に使われます。

そして体脂肪を燃焼させるためには酸素が不可欠となるため、20分以上の有酸素運動をすることが必要なのです。

 

有酸素運動はなぜ20分以上?

有酸素運動をはじめるとカラダの中ではまずエネルギーに変わりやすい糖質が使われます。

この時に脂肪も使われますが有酸素運動の開始直後はごくわずかな量しか消費されません。

57ay7djyyfdnjj9gsq8iezdwc0fai5cl_0-png

引用元:https://lespas.jp/

しかし運動を長時間継続するうちに交感神経が活発化され、アドレナリンなどのホルモンが増加し脂肪の燃焼量が多くなってきます。

そして有酸素運動を開始してから20分ほど経過したところで、皮下脂肪や内蔵脂肪などの脂肪が分解されエネルギーとして燃焼し始めるのです。

このため、血液中の脂肪分だけでなく皮下脂肪や内臓脂肪を減らすためには20分以上の有酸素運動が必要とされているのです。

体脂肪の燃焼が始まれば後は有酸素運動を続けるだけ体脂肪の燃焼は継続します。

しかし無理をして早く浅い呼吸になってしまうと、無酸素運動になってしまい体脂肪の燃焼はされなくなってしまうので適度にウォーキングをすることが大切です。


スポンサーリンク

ウォーキングの時間帯

ダイエットのためのウォーキングも、できれば効率よく結果を期待出来るウォーキングの時間帯を選びたいですよね。

朝・昼・夜とそれぞれの時間帯でのウォーキングのメリットをご紹介していきます。

img_9182

引用元:http://kirei-navi.jp/

 

朝のウォーキング

b34e0728a7e9d3056cf59413467aa8de_s-300x225

引用元:http://tsu.yokohama/

朝は車も少ないのでなんといっても空気がキレイ!

そして朝日を浴びながらのウォーキングは体内時計がリセットされるので、生活のリズムを整える効果も期待できます。

また空腹の状態でのウォーキングなので、効率よく脂肪燃焼されることが期待できます。

 

昼間のウォーキング

walking-710x400

引用元:http://www.whiteessence.com

昼間のウォーキングはカラダが適度に動かされているので、体脂肪の燃焼がされやすくなっています。

出かける時には乗り物を控えてウォーキングにしてみるなど、用事のついでにダイエットをすることができます。

しかし夏などの日中は日差しが強いので、紫外線や熱中症対策をしてウォーキングすることが必要となってきます。

 

夜のウォーキング

yakei

引用元:http://mamemoyashi.xsrv.jp/

早起きが苦手で通勤をウォーキングに変える時間がない方は、自宅の1つ前の駅で降りてウォーキングをしてみるのもいいですね。

1日中同じ姿勢で固まってしまったカラダもほぐされます。

またウォーキングをすることでストレスの発散と心地よい疲れを感じることができるので、安眠効果も期待できます。

正しいウォーキングの姿勢

20分以上のウォーキングを毎日続けているけれどいまいちダイエットの効果が見られないという人は、もしかしたらウォーキングの姿勢に問題があるかもしれないです。

せっかくのウォーキングも間違った姿勢で運動していたら変なところに筋肉がついてしまい、逆に足が太くなってしまうかも!?

まずは鏡の前で自分の姿勢を確認してみましょう。

 

正しい姿勢

0128

引用元:https://moteco-web.jp/

鏡を見てカラダが一直線になっているのが正しい姿勢です。

猫背にならないように顎を少しひいて、頭頂部を糸で上に引っ張られているような感覚で背筋を伸ばします。

 

歩き方

walking

引用元:http://www.yomeishu.co.jp/

ダラダラとカカトを擦りながら歩いていてはダイエットの効果も期待はできません。

骨盤を前へ押されるような感覚で、肩甲骨で腕を降るようにすると代謝も上がり姿勢よく歩くことができます。

膝が伸ばしっぱなしにならないようにしましょう。

最後に・・・

00633

引用元:https://www.b-lab.jp/

短期間で結果を求めてしまうダイエットの方法はリバウンドのリスクも高いので、自分の生活に合ったウォーキングの仕方を見つけ食事だけでなく運動と併用させた健康的なダイエットをしてみましょう。


datsumohbanner

スポンサーリンク


スポンサーリンク