夏に向けて本気で痩せたい☆女性でも毎日できる痩せる体質作り!

1503055top
 width= 我慢は嫌い。でも痩せたい...
頑張らないダイエットだから私にもできた


サマーシーズンに向けて痩せたいと考えている女性は多いのではないでしょうか。

夏は、プールや海、BBQやお祭り、イベントが目白押しです。

夏になると肌を露出する服が増えたり、水着を着る機会も多くなるので、やっぱり綺麗なボディラインがいいですよね♡

お正月からだらだらと来てしまったこの数カ月のたるみを痩せるための体質作りを今から始めましょう!

今回は、女性でも気軽に・毎日できる痩せる体質作りをご紹介します。

まずは自分自身と、”痩せるぞ!” ”ひきしめるぞ!”と約束してスタートです☆☆


スポンサーリンク

痩せる体質作り①ジョギング

1503055top

引用:http://googirl.jp/

本格的な夏に入ると暑すぎてジョギングするのは大変ですが、春の暖かなジョギングなら、穏やかな風も感じられてジョギングするにはぴったりです♡

始めのうちは、無理なスケジュールを組むと続かなくなってしまいますので、1日何分、週末だけ、など決めて無理なく走ることをお勧めします。

ジョギングの効果

ジョギングだけで痩せることは難しいですが、ジョギングをすることで痩せやすい体質・太りにくい体質を作ることができます。

ジョギングダイエットで得られる効果は、基礎代謝の向上、むくみや冷え症などの体質改善、脂肪燃焼があげられます。

『基礎代謝の向上』、これが大切です☆

1日に消費される総エネルギー量の70%をが基礎代謝に使われるエネルギーで締められています。

基礎代謝が上がると体温が上がり、エネルギーが多く消費されます。

また脂肪が付きにくい体質にもなります。

さらに、走ることによって脂肪を燃焼させることができます。

ジョギングは、有酸素運動ですので、体内の脂質を減らしてくれる効果があります。

ジョギングを始める…

img-crsd

引用:http://suimin-shougai.net/

ジョギングは早く走る必要はありません。

決めた距離を自分のペースで(おしゃべりができる程度の早さでOK)ジョギングします。

ジョギングをするタイミングは、満腹時、空腹時は避けて、軽食を取った後や食後2~3時間経過したあとがオススメです。

ジョギングなどの有酸素運動は約20分は行ったほうがいいといわれていますが、ジョギングも20分程度はやったほうがいいでしょう。

ウォーキングとジョギングを組み合わせて計20分以上でもOKです。

ファッションもオシャレに!

ジョギンググッズはオシャレなものがたくさん出ています♡

女性向けのデザインのものも沢山あるので、自分の好みに合ったモノを選ぶとたのしいですよ♪

【①ランニングウエア】

長袖、半袖、七分丈など走る時期に合わせて選ぶとよいでしょう。

また、速乾性などの機能性ウェアがオススメです。

【②パンツ】

ハーフ、ロング丈などがあります。

ジョギングしている人の多くが、ハーフパンツにランニングタイツを組み合わせて、お洒落に履いているようですよ♡

【③ランニングシューズ】

足を痛めるなどの可能性があるので、ふだん履きのスニーカーではなく、ランニング専用のシューズを買って履くようにしましょう。

クッション性の高いシューズや通気性の良いシューズ、疲れにくいシューズなど色々なシューズが出ているのでお店の人に聞くとよいです。

靴はおカネと時間をかけて選ぶようにしましょう。

【④ランニングタイツ】

初心者の人こそランニングタイツを履いた方が良いです◎

ランニングタイツには、疲労軽減やけがの防止、走りやすさの向上などの効果があるので、ウエアなどと一緒に選ぶといいでしょう。


スポンサーリンク

痩せる体質作り②簡単ファスティングダイエット☆

13165

引用:http://kubirediet.xyz/

ファスティングダイエットってどんなイメージがありますか?

ゆっくり時間をかけて数日間の断食をおこなう、大変そうなイメージがありますよね。

今回ご紹介するファイスティングダイエットは、誰でも気軽にトライできるファスティングダイエットの方法です!

それは、合計約12時間断食するという方法です☆

12時間と聞くと長く感じますが、寝る前の4時間何も食べず、睡眠時間を含めて合計約12時間、食べない状態を作ればいいだけです!

丸一日何も食べない状態を2,3日行うよりも、睡眠時間を含めた12時間食べないだけなら簡単に、そして毎日でもできそうですよね。

医学の観点から見ても、寝る前に食べないという事は、肥満防止策として適切なことらしいです☆

寝る前に食物を摂取するデメリットは以下の様に言われています。

  • カロリーを消費できないため、脂肪として溜めこみやすい
  • 寝る前は副交感神経優位になっており代謝が低下している
  • 夜は食事誘導性熱生産が日中に比べ少ない
  • 夜は脂肪を蓄積させるタンパク質が増加する

引用元:http://www.skincare-univ.com/

寝る直前に食べてしまうと、食べたものがどんどん体に蓄積されてしまうんですね。

そしてファスティングダイエットの効果は以下の様に言われています。

  • デトックス効果
  • 消化器官を休め、疲れている組織の修復
  • 脂肪燃焼
  • 食生活の改善

などなどです。

内臓をしっかりと休めてあげて、代謝の悪い寝ている間の時間になるべく負担をかけないようにするのが、今回ご紹介した約12時間ファスティングダイエットになります★

ダイエットの効果がより見込まれる睡眠時間は、夜の22時と言われていますが、おそくても24時には就寝できるようにするとよいでしょう。

また、12時間断食をするからといって、日中なんでも食べていいわけではありません。

ダイエットしていることを頭に入れて、和食中心の生活にする、野菜を多めにとる、脂質を減らす、などを心掛けた食生活に整えることも大切です。


スポンサーリンク

痩せる体質作り③基礎体温をあげよう!温活

image2

引用:http://tomomihasegawa.com/

温活ってご存知ですが?

低くなってしまっている体温を、適正な温度で保てるようにする活動のことを言います!

女性に多いのが、冷え性ですが、冷えはダイエットの大敵なんですよ☆

温活をすることで体温をあげ、痩せやすい体づくりをしましょう!

体温が低いことで起きる体の不調

  • 体温が1度下がると、基礎代謝が12%~13%、免疫が37%も低下するといわれている。
    ⇒脂肪が燃えにくく、痩せにくく太りやすい体質になってしまう。&便秘になりやすい。
  • 水分や脂肪がたまりやすくなる。&血液の循環が悪くなる。
    ⇒むくみやセルライトができやすくなる。
  • 自律神経が乱れ、体温調節ができなくなる。
  • ホルモンバランスが崩れ妊娠しにくくなる。PMS(月経トラブル)になりやすい。

などなど、あげるときりがないほど、デメリットが出てきます。

体温は上げて、損は全くありません(^^♪

目標の体温

免疫や基礎代謝が最も活発に働くのは、36.5℃~37℃と言われています。

平熱が35℃台だと低いと言われています。

ですので、36.5℃~37℃を目標に掲げ温活を始めましょう!

温活の方法①半身浴に入る

5f0a476e-4034-4b26-87ba-5f6552d23e1e

引用:http://hadalove.jp/

体を簡単に温める方法はお風呂です。

お風呂に入ると体の芯から体を温めることができますよね!

温活&ダイエットに効果的な入浴方法は半身浴です。

37~40度の温度で、みぞおちの下までつかるように湯量を調整してください。

時間は約20分以上が目安です。

20分ほど使っていると、体から汗が出てきて、血行が良くなってることがわかりますよ。

温活の方法②体の温まる食べ物

69672219-e1445399528603

引用:https://www.life-rhythm.net/

体が温まるといわれている食べ物や飲み物を取ることで、体の内部から温めることができます!

有名なのは生姜ですが、他には、大根・人参・ゴボウなどの根菜、ネギ、ニンニク、サバやサンマなどの青魚やマグロ、調味料では黒糖やしょうゆ、みそなどがおすすめです。

マヨネーズや白砂糖は体を冷やす調味料といわれているんですよ!

また体を温める飲み物は、紅茶、しょうが湯、白湯、ホットワイン、ほうじ茶などが一例としてあります。

体を温める食べ物・飲み物は他にもたくさんあるのでぜひ調べてみてくださいね!

最後に…

いかがでしたか?

今回は毎日でもできる痩せる体質作りについてご紹介しました。

夏に向けていきなりダイエットをするのもいいですが、毎日の積み重ねの中で痩せやすい体質を作っておくことも大切です。

ジョギング、ファスティングダイエット、温活、ぜひ試してみたください(*^_^*)


 width= 我慢は嫌い。でも痩せたい...
頑張らないダイエットだから私にもできた


width= 有名モデルやタレントが愛用中の脱毛石鹸
気になる箇所を洗うだけでつるすべ素肌に



もう一重に悩まなくても大丈夫!
寝ている間にぱっちり二重になる方法