50歳の女性でも1ヶ月で5キロ痩せるダイエット法!

yoga-1812695_1280
 width= 我慢は嫌い。でも痩せたい...
頑張らないダイエットだから私にもできた


50歳代は閉経や更年期障害など、身体に変化が訪れる時期です。

また、痩せにくく、脂肪が付きやすい年齢でもあります。

そんなダイエットが難しいと言われている50歳代でもダイエットに成功する方法をお教えします!

scale-403585_1280

引用元:https://pixabay.com/ja/


スポンサーリンク

最初に

50歳代になると、若い頃に比べて代謝が悪くなり、痩せにくくなります。

そのためリバウンド率が高く、失敗しやすいとも言われています。

「ダイエットを始めてみたもののきつくて続けられない」や「ダイエットをしている筈なのになかなか効果が出ない」などの理由でダイエットを諦めてしまう方も多いです。

また、無理して慣れない過度な運動や食事制限をすると体調が優れなくなり、若い世代よりも病気になりがちです。

そのため、50歳代の女性がダイエットをする場合は、

  • 心と身体への負担が少ない
  • 長期間続けることができる
  • 健康的に痩せることができる

という点が重要です。

この3つを踏まえてダイエットを行うことで、低下した代謝を促進させ、健康的に痩せることが可能になります。

つまり、「50代でも痩せやすい体質」になることができるんです!

pretty-woman-1509956_1280

引用元:https://pixabay.com/


スポンサーリンク

50歳でもできるダイエット法(食事編)

50歳は若い世代と比べ、身体の代謝が低下し、太りやすく痩せにくい体質となっています。

無理な食事制限は控え、普段の食事を工夫することで簡単に体重を落とすことができます。

糖質と脂質を抑える

脂肪として身体に貯蓄される主な物質は糖質と脂質です。

ご飯やパンなどの炭水化物や間食のお菓子類を必要以上に摂取すると、代謝に使われない分は脂肪として身体に蓄積します。

糖質と脂質を抑えると言っても、両方とも生きていく上で重要な栄養素ですので、無理に量を減らすなどして制限すると病気になってしまいます。

食事の際に食べる順番を意識するだけで糖質や脂質などのエネルギー源が脂肪として蓄積されるのを抑えることができます。

その方法ですが、「野菜やタンパク質といった低カロリーな食品から摂取し、糖質や脂質などの高カロリーな食品は後から摂取する」というものです。

vegetables-760860_1280

引用元:https://pixabay.com/

低カロリーな食品から摂取することで、急激に血糖値が上昇するのを防ぎ、後から摂取した糖質や脂質が代謝(燃焼)しやすくなります。

食物繊維を多く摂る

野菜や果物などを摂取することが大切です。

多くの食物繊維には分解酵素が含まれています。

この分解酵素が代謝を促進してくれる効果がありますので、食物繊維は多く摂取するように心がけましょう。

カロリーも低く、脂肪になりにくいのでオススメです。

bowl-of-fruit-1205155_1280

引用元:https://pixabay.com/

適度な食事量を摂る

食事制限をすると、かえって脂肪を燃焼する機会が減り、代謝が低下してしまいます。

食事はしっかり1日3食摂取しましょう。

また、過剰に食事を摂取すると脂肪として蓄積され、さらに痩せにくくなるので適度な量を毎日摂取することが大事です。

また、口寂しさや日頃の習慣から間食を挟むこともあると思いますが、スナック菓子やスイーツなども立派な糖質・脂質です。

1日の摂取量を超えて食べると脂肪として貯蓄されてしまいます。

だからと言って間食も極端に制限するとストレスとなり、暴食する原因になります。

そのため、自身のストレスにならない範囲で間食を減らしたり、低カロリーで脂肪になりにくい腹持ちの良い食品を摂取するように心がけることで適度な食事量を保つことができます。

person-2248567_1280

引用元:https://pixabay.com/

代謝を促進させる効果のあるものを摂取する

ダイエットをする上で重要なのが代謝です。

代謝とは、エネルギー源となる物質を身体の働きによってエネルギーとして利用できる形に分解することを言います。

この代謝ですが、年齢と共に機能が低下していきます。

代謝が低下する原因は女性ホルモンのエストロゲンが40~50歳代で急激に低下することに因ります。

そのため、代謝を促進させる効果が期待できる食品などを摂取することで低下した代謝機能を補うことができます。

代謝を促進させる方法として、サプリメントを摂取する方法があります。

代謝が低下している50歳代は自身の身体の機能のみで全ての脂肪を燃焼させるのが困難になっています。

そこで、身体の代謝機能を補うサプリメントを摂取することで、脂肪の燃焼を促進させたり、糖質の吸収を緩やかにする効果が期待できます。

サプリメントによって期待できる効果は様々ですが、自身の身体に合わないものや、用法・用量を守らずに摂取すると効果は得られないので注意が必要です。

サプリメントを摂取する以外の方法として、自身の身体の代謝の促進するために体温を上げる、野菜や果物などに含まれる酵素を摂取して代謝を促進するといった方法があります。

spices-887348_1280

引用元:https://pixabay.com/


スポンサーリンク

50歳でもできるダイエット法(運動編)

50代になると、思うように身体が動かず、激しい運動をすると疲れやすくなっています。

そのため、自身の心と身体に合う無理のない運動を続けるのがダイエットに効果的です。

有酸素運動を行う

有酸素運動とは、身体に負担の少ない酸素を体内に取り入れながら行う運動の事を指します。

身体に負担が少ないので、長期間続けて行うことができるというメリットもあります。

また、有酸素運動は、自宅で簡単にできるものも多くあり、ちょっとした空き時間やテレビを見ているときでも行うことができるのでオススメです。

主な有酸素運動は、「ヨガ」「ウォーキング」「バランスボール」です。

以上に挙げた有酸素運動の中でも、ヨガはインナーマッスルを鍛えられる上、身体の歪みを改善することができます。

そのため、長期間継続して行うと、内臓があるべき位置に戻り、美しいボディーラインを手に入れることができる可能性があります。

難易度もポーズによって様々で、初心者でも自宅で簡単に行うことができるのでオススメです。

yoga-1812695_1280

引用元:https://pixabay.com/

時間をかけて運動をする

脂肪の代謝が始まるのは運動を開始してから20分後とされています。

有酸素運動は簡単なストレッチなども含まれるため、疲れにくく、20分以上行うことが可能です。

しかし、ダイエット開始時は慣れていないこともあり、例え簡単なストレッチであっても20分以上続けることができない場合があります。

その時は無理せず、運動に慣れてから時間をかけて行うのが有効です。

running-573762_1280

引用元:https://pixabay.com/

自分の心と身体にあった運動をする

ダイエットのために無理をして慣れていないキツイ運動をすると、かえってストレスとなり、運動を苦痛に感じます。

その結果長期間続けられず、三日坊主となってしまいます。

肉体的にも精神的にもキツイ無酸素運動よりヨガや簡単なストレッチといった有酸素運動を時間をかけて行うことで、心と身体にかかるストレスを減らし、無理なくダイエットを継続することができます。

代謝が低下した状態では簡単には結果は出ません。

すぐに痩せようと思うのではなく、自分の身の丈に合った方法で長期間継続してダイエットを行うことが重要です。

road-sign-940644_1280

引用元:https://pixabay.com/

最後に…

ストレスを溜めない、心と身体に優しいダイエット法で痩せることが大切です。

heart-2028061_1280

引用元:https://pixabay.com/


 width= 我慢は嫌い。でも痩せたい...
頑張らないダイエットだから私にもできた


width= 有名モデルやタレントが愛用中の脱毛石鹸
気になる箇所を洗うだけでつるすべ素肌に



もう一重に悩まなくても大丈夫!
寝ている間にぱっちり二重になる方法