安室奈美恵さんメイクをかじえりさんが挑戦

100118018[1]

引用元:http://renarena.lolipop.jp/

10代から変わりのない、若さ溢れる歌手の安室奈美恵さん。

あのスタイルの良さでアラフォーとはおもえません。

しかも、男子高校生の息子がいるので、それもまたびっくりです。

そんな安室奈美恵さんの美貌の秘訣が知りたいと思っている方は多いことでしょう。

そんな安室奈美恵さんのメイク方法を調べてみました。

プロフィール

amuronamie[1]

引用元:http://haaasoku.com/

生年月日:1977年9月20日(39歳)

出身地 :沖縄県

職業   :歌手、ダンサー

1996年〜1997年、茶髪のロングヘアーミニスカート・細眉・厚底ブーツなどの流行を促しました。

あむらーと呼ばれる、女子学生の憧れの存在はなつかしいです。

1997年2月にリリースし、ドラマ『バージンロード』の主題歌となった「CAN YOU CELEBRATE?」はダブルミリオンの大ヒットは有名です。

その後、ダンサーのSAMさんと結婚し母となるが、その後離婚します。

今もなお、ヒット曲を出し、活躍している永遠の女性の憧れです。

スポンサードリンク



かじえりさんの安室奈美恵さん風メイク

3-1

引用元:http://ameblo.jp/

これが、かじえりさんの安室奈美恵さん風のメイクです。

元の顔が系統が違うだけここまでにせることができるんなんて、メイクってすごいです。

このメイクをご紹介していきます。

4

引用元:http://ameblo.jp/

ポイントは、シャドーやノーズシャードーだそうです。

ほりが深い感じが安室奈美恵さんぽいです。

c8071ba8[1]

引用元http://livedoor.blogimg.jp/

①明るいグレー系のシャドーを、目尻多めにいれていきます。

暗いグレー系のシャドーを、二重幅まで引きましょう。

これも目尻多めにします。

20130715162519359[1]

引用元:http://geinoujinmeiku.com/

②ラインはリキッドで、目尻を引き上げて長くひきましょう。

下ラインはガッツリと目尻濃い目にします。

目頭薄めでラインを細くするなど、場所で細さを使い分けるのがポイントだそうです。

さらに、下ラインを濃いめのグレーで目尻をボカしていいきます。

そして、下まぶたを明るめのグレーで全体にふわっといれましょう。

1412856527_3jym[1]

引用元:http://geinoujinmeiku.com/

③眉毛は眉頭から丸く、細く、短めに書いていきます。

さらに、眉マスカラで色を変えると、より安室奈美恵さんぽい眉毛になります。

amuronamie3[1]

引用元:http://blog-imgs-52.fc2.com/

③チークはオレンジを使用しましょう。

頬骨から中心部までシャープにいれるのがポイントです。

そして、ノーズシャドウをいれて、グロスを唇に乗せてツヤを出せば完成です。

スポンサードリンク



SNSでも話題の安室奈美恵さんのメイク

201307151624566e9[1]

引用元:http://blog-imgs-60.fc2.com/

エスプリークの、このCMでの安室奈美恵さんはとびぬけてかわいいと話題でした!

大人のベビーフェイスがかわいいです。

普段はクールでかっこいい系のメイクが多かったけれど、この辺からなんかふんわり可愛い系のメイクも徐々に増えていって、ドーリーな感じのメイクの印象も獲得していったのがすごいです。

つまり、どんな系統でも似合ってしまうという事でしょうか。

E5AE89E5AEA4E5A588E7BE8EE681B5E381AEE383A1E382A4E382AFE696B9E6B395E5A4A7E4BABAE794BBE5838F[1]

引用元:http://geinou-seikei2013.c.blog.so-net.ne.jp/

何歳になっても若々しく美しいのが、本当にうらやましいです。

大人ギャルの代表格の安室奈美恵さんの、程よい濃い目のメイクはぜひマネしたいです!

引用元:https://twitter.com/

引用元:https://twitter.com/

引用元:https://twitter.com/

スポンサードリンク



最後に・・・。

いかがでしたか?

安室奈美恵さん風のメイクで、あなたもかっこよい大人ギャルになれるかもしれません♪

 

・夏の厳しい紫外線
・冬の乾燥肌
・年齢と共に増える「しわ」

今までのエイジングケア
満足できなかった方必見!

製薬会社が開発した
「全方位エイジングケア」
詳しくは下のボタンからどうぞ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク